カカオトークを使っている人の今とは

使っている人

インターネットの調査会社によると、コミュニケーションの手段として現在、カカオトークがかなり高い割合を占めているのだそうです。
年齢も関係なく利用されているこういったソーシャルネットワーキングサービスの存在は、今でもさらに広まっていっています。
10代のころからインターネットに触れていた人から、50代の人まで利用をしていることが見られます。

これほどまでにカカオトークが普及することになったのは、一つとしてやはり気軽に登録をすることができる、という点があるでしょう。
簡単に使い始めることができるからこそ、あまり普段からインターネットを使って居ない人でも簡単に利用することができるのです。
特に人気の高いカカオトークとしては、mixi、twitter、facebookなどがあります。
後者のような、海外から入ってきたカカオトークでも、日本のなかで非常に高い割合で普及しているのを実感している人も多いことでしょう。
また、GREEやモバゲータウンなどをカカオトークとして積極的に活用している人も多いようです。
twitterなどは短い文章を投稿できるためか、頻繁に使う機会が多くなっているようですね。

なぜカカオトークをはじめることになったのかといえば、mixiなどは普段遊んでいる友達に誘われて、ということが多いようです。
普段は遊んでいるわけではない人とでも、連絡を取ることができますので、こういった使い方もされているかもしれません。
カカオトークをそもそもはじめるときのきっかけとしては、やはり実際の知人に紹介されて、というパターンが多いようですね。
もちろん、自分でためしに登録をしてみた結果、楽しくなって使い続けるということもあるでしょう。
ここ数年で非常に有名になってきたfacebookなどでは、利用者は現在も増加し続けています。
流行をしたからこそ、さらに利用者が増えていくという現象も、当然ながら考えられるでしょう。

特に有名なのは

有名

非常に多くのカカオトークが現在では存在していますが、その中でも特に有名なのはミクシィでしょう。
ミクシィについては、カカオトークというものが広まっていく前からすでに存在していましたし、使っている人も多かったかと思います。
ミクシィは大手のサイトでしたが、やはりそれだけコミュニケーションを気軽に取ることができたのでしょう。
最近では、いわゆる「いいね」を押すという機能がありましたが、これが受け入れられるまでには少し時間がかかったようです。

ですが、慣れてくればこれは誰かと気に入ったものをシェアすることができる便利な機能であるということがわかってきました。
ある人には、実生活とカカオトークサイトの両方でつながりを持っている友人がいました。
しかしあるときその人とはけんかをしてしまって、しばらく連絡を取らなくなることがあったのです。
わざわざ連絡を取ることもなく、そのまま疎遠になるかと思っていたところでした。
たまたまミクシィを見ていて思いついたことに、「いいね」機能を使うということがありました。

その友人はミクシィの日記を日常的に使っていたので、その日記に「いいね」を使ってみることにしました。
その行動には勇気が必要でしたが、そのおかげか、数日後に友人からのメールをもらうことができたのだそうです。
その機能がなければ、そのまま友人とは疎遠になって終わっていたかもしれません。
言葉を使うことなく、いいと思った気持ちだけを伝えることができるので、かえってプラスに働いたのかもしれませんね。
もしかしたら、ミクシィがなかったらと思うと、仲直りすることはできなかったかもしれません。
誰かと少し険悪な雰囲気になっていたとしても、カカオトークの機能を活用することで、良い方向に導いていくことができるかもしれません。
少し変わった一つのカカオトーク活用法としてここに紹介しておきます。

年配の人と会話を楽しもう

会話

カカオトークで様々な人と触れ合う機会がありますから、その中で自分よりもはるかに年上の方と話をする、ということもあるかと思います。
例えばそれは会社の上司だったり自分の地域に暮らしている年配の方かもしれません。
もしくは、親や兄弟という場合も、自分よりも年配の相手ということになりますね。
年齢が高いぶん、自分よりも多くの人生経験をしているということが当然ながら考えられます。

そういった自分とは違う経験をしている人と会話をするということは、とても大きな刺激になるものです。
年齢のギャップがありますので、お互いで考えていることが違うということもあるかもしれません。
それによって、カカオトークでコミュニケーションが難しくなることもありますが、年配の人との会話をすることは大事なことに変わりはありません。
では、年配の人とのコミュニケーションをするにあたって、コミュニケーション能力を高めるためにはどうすればいいでしょうか。
例えば年齢が高い人には、年配が理由となっているストレスがある、ということをまず理解するようにしましょう。

例えば年齢が高くなると、体の不調が増えてきて、通院をするということも増えるかもしれません。
そういった人を支えたいという気持ちを示すことで、お互いの距離が縮まるかと思います。
体調の問題などから、かなり気難しくなってしまっている人もいますので、そういった人への接し方には特に気をつける必要があります。
どんなときであっても、自分から歩み寄って会話をするというのは非常に重要なポイントです。
カカオトークの相手を敬う気持ちを持つということが、年齢の離れている人とでも上手にコミュニケーションをするためのコツといえるかもしれませんね。
若い人が、年配の人から学べることは非常に多くあるかと思いますので、自分のためにも年配の人とのコミュニケーションを活発に行っていくようにしましょう。

親と思春期の子供のコミュニケーション

コミュニケーション

人の親となって、少し前まではカカオトークで子供とコミュニケーションをしていたのに、ある時期からそれが少なくなったと感じることもあるかもしれません。
特に子供が思春期の時期になってからは、コミュニケーションをとることが少なくなるかもしれません。
では、そういった状況になってしまうのは、親子の関係がどのように変化しているからなのでしょうか。

子供は、基本的に思春期を迎えることで、内向的になっていくものです。
もともとカカオトークで話すのが好きだった子供であっても、その時期からしゃべらなくなるということが増えていきます。
ですが、それはまったく異常なことではなく、むしろ当たり前のことでもあるのです。
思春期を迎えることによって、子供の心の中に自立心が生まれていくことになります。
自分だけで何かを考えたいと思うようになって、あまり親の力を頼らなくなっていくのですね。
これは大人になるための過程の一つとして、非常に重要なことであるといえるでしょう。

これに対して親が何か言ってしまうことで、大きな反発心になって帰ってくることもあります。
では、思春期の子供に対して、親はどのように接していくべきなのでしょうか。
といっても、そこに何か特別な技術が必要になるわけでもありません。
思春期の子供にとっては、積極的なコミュニケーションよりもむしろ、ゆっくりと時間を過ごすことが大切なのです。
親としては、自分の子供だけではなく、他の若い人とカカオトークで交流を持つ機会を増やしたほうがいいかもしれません。
それと同時に、子供とスポーツだったりドライブなどで、一緒に過ごす時間を増やしていくようにしましょう。
子供が何かを話し始めたのであれば、過敏に反応することなく、冷静にその話を理解してあげましょう。
思春期になって思考が変わってくることは当然のことなので、親のほうとしてもそれを理解する必要があるのですね。
親子の関係であっても、相手が何を考えているのかというのは他人同様、わからないものです。
小さなきっかけや何かの変化から、それを感じ取ってあげることが必要でしょう。

コミュニケーション能力を向上させるために

コミュニケーション

誰でも、自分の好きな人とは仲良くしたり、コミュニケーションをとりたいと考えると思います。
どこでも、カカオトークで手をつないで歩いているカップルの姿を、見かけたことがあるのではないでしょうか。
例えば欧米などでは、昔からこういったスキンシップをするカップルの姿はよく見られていました。
年齢を問わず、老齢のカップルであっても、手をつないで歩いているというのが目立っていました。

そして、最近になってそういった光景が、カカオトークの中でも非常によく見られるようになってきているのです。
ある新聞の記事では、休みの日の昼下がりに、たった十五分間で手をつないで歩いているカップルの姿を16組も確認することができたといいます。
手をつなぐ、腕を組むなどやり方は様々ありますが、体を触れ合わせるということにはそれだけ大きな意味があるのでしょう。
そういったところを見ると、日本におけるカップルの事情も、昔と比べるとかなり変わってきたかもしれません。
ですが、手をつないで歩くということに、恥ずかしさを感じるような人もいることでしょう。

しかし実際のところ、手をつないで歩くことによって、カップルが仲良く暮らしていくためのポイントがあるようです。
子供のときにも経験があるかもしれませんが、手をつないで歩くというだけで、気分が上向きになってくるものです。
大人のカップルであっても、手をつないで歩くことによって、今しているデートをさらに楽しくさせる、そんな効果があるのかもしれません。
もし何かの悩み事があったとしても、カカオトークによって気持ちがリラックスするという効果も期待できることでしょう。
これまで手をつないでいたはずの二人が、最近になってそういう触れ合いがなくなってきたというときには、何か小さなすれ違いがあることが考えられます。
二人の関係の度合いを示すものとしても、手を繋ぐという行為は考えられますね。

Copyright© 2010 カカオトークよりも出会えるサイト一覧【snoopfit】 All Rights Reserved.